ヤスハラ・マーケティング・オフィスの近況

06月02日

ここ数日、住んでいる長野県の松本市では、郊外への松枯れ対策としての農薬の空中散布実施計画で大騒ぎになっております。


■「誤り(あやまり)」より「偽り(いつわり)」の業が深いというお話


空からまかれる予定の農薬は、マツグリーン2というネオニコチノイド系農薬(有効成分アセタミプリド)です。ネオニコチノイド系農薬は、ヒトの脳に対する発達神経毒性による胎児・小児への悪影響(特に発達障害)、神経毒性筋疾患の増加との関連性が疑われているようです。対象地区が住宅地や温泉などの観光エリアに近いということもあり、、地元の新聞でも取り上げられたりして、ますます騒乱は大きくなる様相です。


さて、このようになってくると収拾ができるのか、妥協ができるのか、強行で終わるのかなど、興味のあるところですが(まあ、子供のいる地元民としてはメタでいるのは難しいところではあるが)、これも良い社会的な課題だと見なせば、いくつか考えどころはあるかなと思っております。こじれかたが意外とよくあるパターンだったりするので。


当事者別にみていくと・・・・


①松枯れ対策を望む山林所有の人々
山林といっても松本市の場合は住宅地に近い郊外であり、普段、車で走っていても茶色に枯れ果てた松が見れます。どうするか? 「松を守る」→「山を守る」→「山と人の良好な関係を守る」、といった課題のレイヤーが存在しますが、今回は初期課題の「松を守る」という設定で進んでいます。ただし、農薬を使うのは目的ではない。


②農薬の空中散布に反対する人々
近隣の学校、観光産業にとって、評価の定まってない農薬の空中散布は必要かどうかが見えない。どうするか? 「子供を守る」→「子供の住む環境を守る」→「山と人の良好な関係を守る」、といった課題のレイヤーでいけば、今回の初期課題の「子供を守る」という設定からも松枯れとは接点を見いだせるものです。つまり、松がどうなっても構わない、という訳ではない。


③農薬の空中散布を推進する人々
松本市の行政(長野県も関わっているようですけど)にとって、他事例もある農薬の空中散布は効果があると考えている。でも一方で、「効果的に松枯れを解決する」→「効果的に美しい山林を取り戻す」→「効果的に山と人の良好な関係を取り戻す」、という課題レイヤーも存在します。まあ、時間とお金の制約があるのが行政なので、手っ取り早い課題設定という気持ちも分かるが。


さて、この3者を眺めた時、今回のケースでもっとも『?』な課題設定をしているところはどれか?、というと③の松本市行政かなと思っております。まず①、②は、どちらの選択行動になったとしても、結果がうまくいかなかった時に(方向A「農薬で健康被害」、方向B「松枯れの拡大」)反省が効きます。(授業料が高くつくことはさておき)


コンサルのような仕事をしていると、「正誤の問題」は実はそれほど問題ではないのです。よしんば、誤った選択をしたとしても、気付きさえすればOK。だって、次のより良い一手のための学びだとも言えるし。許せる範囲の動きなのです。


しかし、3番目の松本市の行政は組織としてはちょっとマズイ動きです。なぜかというと、松本市は「健康延命都市」を宣言して、「世界健康首都会議」なるものを定期的に開くような原理原則を行動規範として掲げているからです。


事が揉めている時、正誤の話は慎重に考えることで「覚悟のつく最善手」に行き着けます。誰だって間違いは犯します。私もあなたも。学びのあるミスなら、次の動きで良い方向へ向かうことができます(繰り返しますが、授業料の多寡は不問として)。でも、原理原則が歪められている時、これは平たく言うと「嘘をついている」状態です。偽りは時間とともに根が深くなりやすいのです。


こういった矛盾した動きはちょっとでも始めてしまうと、自己正当化のために嘘が嘘を呼ぶのです。私も含め、誰もが自分の嘘を守るために新たな嘘を吐くような行動をとった経験があるはずです。そうです、メチャ、エネルギーを使うのです! それも、より良い方向ではなく、より徒労な方向に向かってしまうのです。


コンサルなら、ダブル・スタンダードの組織には「御社はダブル・スタンダードになってますが、そうしなければならない理由がありますか?」と切り込んでいく場面ですなw。


医療の世界では、疑わしき薬は使用を避けるという原則があります。「健康延命都市」「世界健康首都」の大上段に構えた原理原則があるとするなら、この行政自身の動きはどうなのかと考えると、いやな予感が・・・。たぶん、嘘を守るために嘘をつく負のエネルギーサイクルが待っている気がしますね。業が深いのです。


まあ、最近ではあっちの大企業(あえて名前を伏せる)やら、こっちの国家(あえて名前を伏せる)など、規模の大きい組織はこぞって反原理原則な状態ので、目新しいことでもありません。「そして、ここにも一つ」程度の話ではあります。


※追記
ヤスハラの知人友人の方々へ:
ということで、強行実施が予定されている6月中盤から7月いっぱいは長野の松本に子供連れで観光するのは控えられた方が良さそうです。(あっ、知人・友人じゃなきゃどうでもいいっていう意味ではありませんw。たまたま、これを眺めている貴方も含めてね) 


それと、城好きのキッズたちへ「大丈夫! 松本城はまだまだずーっとあるから」

05月19日

50歳を過ぎて周囲を見渡すと、「人生いろいろ」が語呂の良い慣用句ではなく、冷徹な事実であることが分かります。別に人生ゲームをやって優劣を付けたいわけではないですから、個々の人生評価は差し控えましょう。


しかし、この「人生いろいろ」を面白そうな方角に向かわせる何か、ユニークな生き様を描くために重要な何か、そんな「何か」があると感じています。


◾️勇気学(与太論)


それが勇気の扱いではないかと確信しております。勇気。どんなに才能があっても、勝負勘があっても、不断の努力ができたとしても、人生の分岐、分岐での選択には微量でありながらも不可欠なエッセンスが求められるのです。それが、勇気というやつではないでしょうか。


人生の岐路で、ある選択をしようとするとき(選択をしないという選択も含め)、どうしても最後の最後には「えいゃ!」的な閃光が必要となります。もちろん、枝分かれする角度にも大小があって、勇気の度合いも相応に異なるでしょう。また、命をかけたような勇気さえも勇気とは思わないとか、その逆に、そんな瑣末なことにまで勇気という単語を適用するのか、といった個人差もあります。


でも、勇気が不要という場面はありません。事の大小だけがあるだけです。


映画や漫画に出てくる司令室と呼ばれる空間にあるコントロールパネル。そして、ここに必ずある、あの赤いボタン。回りが黄色と黒のシマシマでペインティングされ、透明のプラスチック・カバーが外側に施された、あの赤いボタンです。ドクロマークが貼ってあるかもしれませんし、「危険」と印字されているやもしれません。もし、心の中にも司令室があるなら、間違いなく勇気はこの赤いボタンなのです。カチッ。ドッカーン。


さて、悪い冗談はさておき、勇気は何でできているかというと、主要要素は「思念」「邪念」「諦念」の3つと睨んでおります。


「思念(しねん)」
どう生きるかに関して、譲れない思い。来たるべき未来を今に導こうとするエネルギー。勇気を支える大義のようなもの。


「邪念(じゃねん)」
どう周囲からの見られるのかといった、後の影響を計算する思い。来たるべき未来から、自分に利益を導こうとするエネルギー。勇気を増量する期待値のようなもの。


「諦念(ていねん)」
全ての問答を手放すような、思いを断ち切る思い。来るべき未来に自分を委ねるための脱力に使うエネルギー。緊張を伴う決断の場面の、思わず目を閉じてしまう一瞬とでも言いましょうか。それは、発火点にある勇気を解放するようなもの


たとえば、会社員のあなたが起業することを決める時を考えてみましょう。


どれほど緻密な計画を詰めようが、賢者に相談を尽くそうが、最後の覚悟がなければいつまでたっても前に進むことはありません。「やるべし!という思念」、「こうなったら凄いはず!という邪念」、「どうなろうとそれも良し!という諦念」が渾然一体となって立ち上がってこそ、勇気という赤いボタンが押される行為となるのです。


勇気の扱いが少々複雑なのは、この主たる3要素である「思念」「邪念」「諦念」が渾然一体になるかどうかが微妙なことです。どれかが突出している場合、ほぼほぼ勇気は、その余熱でミスリードを起こします。


「思念」が多すぎると・・・
大義が強すぎる勇気は暴力的になりやすく、過剰な正義感を生みます。会社員からの起業であれば、勇気の余熱で、「新しい会社で社会を変える」とか「新しいサービスが世界を救う」といったものを生みやすくなります。もちろん、間違いではありません。ただ、教条的な勢いは周囲に自分の行為への承認を無理強いしてしまったりするのです。狂信がなせる選択にも見えたりします。


「邪念」が多すぎると・・・・
適度な邪念は必要です。思念と諦念に比べるとエネルギー効率がいいからです。「よっし、俺が社長になったら・・・・だ!」なんていうのは決断としては不純ですが、この人間臭さが周囲からの親しみやすさを生みます。ただし、邪念が中心の勇気であれば、余熱が自己増殖を起こして、常にオッズの高い馬券に全財産を払うような振る舞いにつながります。かくして、「あの時の勇気は単なる蛮勇だった」ってなことになりがちです。


「諦念」が多すぎると・・・・
禅の世界でも大死一番(だいしいちばん)という熟語があります。死ぬ覚悟で何かをしてみることという意味です。さりながら、これが核となるような勇気には、その余熱(ニュアンスとしては余凍か?)が悲壮感を引き込んできます。平易な言い方にするとヤケクソ感です。自暴自棄と紙一重。


勇気という語彙は、かなり幼少期から使うようで、我が6歳の娘も「100%勇気〜」とか鼻歌っております。その割には、人生に関わるような出番は手薄かとも感じています。勇気。「人生いろいろ」の源泉であるなら、もう少し丁寧に扱ってもよいかなと。


たまには赤いボタンの透明カバーの塵や埃だけでも払ってみてはいかがでしょうか。